コウモリ駆除はコウモリ駆除naviにお任せ|防ごう!コウモリ被害

  • お見積り無料
  • 24時間受付即日対応
  • 年間受付件数20万件以上

電話番号:0120-949-283 24時間365日、日本全国受付対応中!

防ごう!コウモリ被害

コウモリ対策グッズの種類は様々で、ホームセンターなどでも市販されています。見慣れたスプレー型から、見慣れないグッズまで、様々な種類のグッズの中から最も有効なものを選ばなければなりません。効果の効き目から気になるお値段まで、コウモリ対策グッズについてご紹介していきましょう。

コウモリ対策グッズ選びのコツとは?

コウモリ対策グッズ選びで重要なポイントは2 つ、持続効果の高いものなのかどうか、そして継続した際の費用が安いのかどうかです。もちろん、住居の形や間取りによっても有効なグッズは異なります。効果的な駆除のための方法をまとめてみましたので参考にしてください。

撃退・予防対策4選!

①忌避剤

効果

ハッカ油を主成分とするジェル忌避剤やスプレー式の撃退スプレーなどがあります。コウモリの嫌がる匂い(臭い)によって長期間にわたる予防効果を発揮します。

用途

メリットは運用コストも低く抑えることが可能な点で、一度散布した場所は数か月間のコウモリが避ける効果を得ることができます。デメリットとしては瞬間的な撃退方法に成りえない点と散布箇所以外の場所からの侵入を防ぐことが難しい点が挙げられます。

使い方
  • ①コウモリが侵入できる隙間を調査する
  • ②手袋やゴーグルなどを着用する
  • ③侵入箇所に薬剤を散布する

※外気との換気を十分に行い、薬品の用法用量を守ってご使用ください。

②超音波・電波

効果

駆除・撃退超音波発生装置によって、コウモリを撃退することが可能です。超音波によって位置を把握するコウモリにとって、電波・衝撃波・磁石・ラジオなどの波が生じる場所は近づきにくい場所となります。

用途

撃退音波機などを使用するメリットとして、予防効果だけでなく撃退効果も期待できる点が挙げられるでしょう。また、使用時の安全性も高く、コウモリに襲われるリスクを減らすことも可能です。デメリットは、運用コストが忌避剤に比べて高くなる点と、コウモリが波長に慣れてしまう点になります。

使い方
  • ①波長をコウモリの可聴域に設定する
  • ②波長発生面を出入り口に向けて配置をする

※遮蔽物がある場合、波長が弱くなってしまうので、出来る限り直接当てるように設置をすると効果が発揮されやすくなります。

③ライト・レーザー

効果

コウモリなどの夜行性の動物は光に敏感で、ストロボライトやレーザーポインターなどの光を照射することによって、泡を食って逃げ出すことがあります。

用途

光のメリットは何といっても安全性になります。撃退時に遠距離から照射するだけでなく、常用的に使用する際にも副作用を考えなくても良い点は大きな魅力と言えます。のデメリットは再発のリスクが高い方法になりますので、常に使用し続ける必要がある点になるでしょう。そのため、運用コストが高くなりがちですので、忌避剤などの方法との併用が望ましいです。

注意点

赤外線センサーを利用したセンサーライトの場合、コウモリの温度がセンサーの感知温度に満たないことがあります。使用の際には十分に注意をしてください。

④煙剤

効果

強力噴射によって、煙状の忌避剤が住居の隅々にまで撃退効果を及ぼします。そのため、手の届き辛い屋根裏の退治まで行うことができます。また、ねずみ除け、虫除け効果にも期待できます。

用途

煙剤は侵入箇所が分からない時にもコウモリを住居から追い出せるメリットがあります。蚊取り線香などの殺虫剤成分を含んだ煙などでも追い出しは可能ですが、忌避効果のあるハッカ臭を含んだ煙剤の方が効果は高くなります。デメリットは持続性が低い点になり、長期的な対策効果にはあまり期待できないでしょう。

注意点

使用時には袋やケースなどに衣服や食品を収納しておくようにしましょう。また、使用後には十分に換気を行い、屋根裏に入れる場合は掃除機などで軽く屋根裏掃除を行いましょう。

安全?DIYの安全対策

コウモリを追い払うために上記の方法を採るわけですから、コウモリが暴れて予期せぬ行動に出る事や、襲い掛かってきてしまうことも考えられます。コウモリ防除の際に下記の項目に注意しましょう。

ケガや事故の危険

コウモリの棲息箇所は高所が多く、足場などから転倒してしまう場合があります。また、作業時にコウモリの爪や牙によってケガを負う危険性があります。特にコウモリは様々な病原菌を持っていることも考えられますので、服装などには十分な注意が必要です。

効果が十分でない場合も

コウモリに効く毒餌などは無く、コウモリ対策は「追い払う」ことが重要になります。不十分な作業の仕方ですと、害獣駆除が不十分になるだけでなく、他の場所にコウモリが集まって「事態が悪化してしまう」ことさえあります。きちんとした棲息箇所の推測をたてて作業をするようにしましょう。

4種類のコウモリ対策グッズについて紹介してきました。コウモリの防除効果を強化・延長するためには、上記方法を選ぶだけでなく、住居に合わせて組み合わせて使用することも可能です。しかし、それぞれの方法にはデメリットもあり、ケガや失敗のリスクが心配な方も多くなりがちです。心配な方は一度コウモリ防除業者に相談してみてはどうでしょうか。実際の防除対策の他にも、住宅の侵入口を調査することもできますので、上手に業者を利用してみても良いかもしれません。

コウモリ駆除navi情報

ページトップへ