コウモリ駆除はコウモリ駆除naviにお任せ|北海道のコウモリ駆除サービス

  • お見積り無料
  • 24時間受付即日対応
  • 年間受付件数20万件以上

電話番号:0120-949-283 24時間365日、日本全国受付対応中!

北海道対応の弊社加盟店のご紹介

ファミリー旭川店
ファミリー旭川店は北海道エリアに拠点をおいて活動している企業です。毎日の生活の中でどこに頼んでいいのかわからない様々な事を解決してきました。一般的にコウモリは害虫を食べる益獣の一種とされていますので駆除をする際には行政に申請が必要な場合があります。しかし木や洞窟に住み着くこの益獣が一旦屋内で生活をするようになれば、フンや超音波などの害をまき散らしてしまいます。このように住み着いた困った獣の駆除もファミリー旭川店は請け負っています。活動内容はコウモリの駆除だけではなく、コウモリなどの被害によって家の補修が必要な際や、コウモリたちの侵入口を防ぐ作業も合わせて相談することができます。一度追い払ったなら、二度と侵入できないように改築することも重要です。このようなどこに依頼すれば良いのか迷ってしまう困りごとに相談に乗ってくれる企業といえるでしょう。
ベンリワン・ファミリー
ベンリワン・ファミリーは釧路市に拠点を置いて、北海道エリアでコウモリ駆除を行っている企業です。北海道においてコウモリを見かける機会は少ないかもしれません。虫などの生態系が変わっている北海道は本州と比べて生息し辛い環境にみえるからです。しかし北海道にもアブラコウモリやヒメホオヒゲコウモリなどの種類のコウモリは生息しています。コウモリの個々の種類はそれぞれ生態系や生活圏が違うため、コウモリの種類の多くが独自の生活を送っています。固有種の中には種として保護されており、追い払うことしかできないコウモリもいます。この場合コウモリを追い払ったとしても必然的に戻ってくる可能性も高くなるため、住宅への侵入口を補修することも重要になります。住居にコウモリが住み着いてしまったお客様には、住宅の補修も含めてベンリワン・ファミリーは力になってくれるでしょう。
一般社団法人徳友会ベストライフサポートファミリークリーン
一般社団法人徳友会ベストライフサポートファミリークリーンは北海道エリアに拠点を置いて活動をしている企業です。現在コウモリやハクビシンなどの害獣被害に力を入れています。コウモリは住宅において天井裏や瓦の下などの暗く湿った場所に生息しています。このコウモリの多くの種類において、主食は草花や虫になるため、コウモリ被害はそう多くありません。逆に虫などが苦手な方には益の方が多い獣になるのではないでしょうか。しかしコウモリは伝染病を運ぶ点を忘れてはいけません。アメリカ合衆国やヨーロッパ諸国において、コウモリは狂犬病などの疫病を運ぶ脅威のある生物とされています。さらに数年前にアフリカ諸国で流行したエボラ出血熱を憶えている方は多いと思いますが、その感染源はコウモリだという説が有力です。コウモリを見かけたら接触は控えることはもちろん、駆除を依頼するようにしましょう。このような害獣を駆除したり、家屋の修繕を行うことができる、一般社団法人徳友会ベストライフサポートファミリークリーンはお客様の生活を守る企業といえるでしょう。

北海道に潜むコウモリの活動場所と糞尿・騒音対策について

日本に生息するコウモリの種類は、これまでに37種類が発見されていますが、その中でも何と19種類は北海道で生息が確認されており、これらは全て小翼手亜目(コガタコウモリ類)に分類される小さな種類ばかりです。これらのコウモリは人間の住環境をはじめとする人工環境にもよく適応して営巣することが知られています。つまり、市街地においてもコウモリの生息が確認されているということです。特に有名なのはアブラコウモリで、こちらは北海道の道央以北を除く全域で確認されているもので、近年全国的に被害が増えているので有名です。コウモリは元々薄暗い森の中や洞窟の中を住処としていたものですが、人間による森林等の開拓により、徐々に生息圏が人間と一致するようになり、やがて人間の作った環境に適応できたものが、私達のよく見かけるコウモリです。北海道は冬季の寒さが厳しい極寒の地ですが、市街地ならば住宅などの排熱により比較的生活しやすい環境が整っています、コウモリは暖かい場所に固まって冬越しする習性があるので、その点においても市街地や都市部は、コウモリにとって住みやすい環境なのかもしれません。また、北海道に多数のコウモリが生息しているというのは、都市公園数が多いことも関連しているのかもしれません。北海道に存在する都市公園は全部で都市公園数が7465箇所。これは東京都に次いで多い数字で、全国でも2番目というトップクラスの整備状況です。都市公園は、都市部における自然の宝庫といえる場所です。私達人間には小さなスペースですが、コウモリにとっては貴重な餌場となります。公園だけでなく人家周辺にも比較的虫が集まりやすいので、コウモリにとって、自然の生活場所が失われても行きていける環境が整っていると言えます。ハエやユスリカといった人間に危害を及ぼす害虫を捕食して駆除する、一種の益獣としての性質も持ちますが、人間とコウモリの生活エリアが密接になりすぎており、今度はコウモリの駆除に関する問題が発生しています。屋根裏での糞尿害、鳴き声や羽音による騒音、見た目の不気味さからくる不快感などが駆除の理由のようです。特にコウモリは、狂犬病ウイルスのキャリアとして知られており、これも駆除対象となる要因の1つです。これらコウモリの対策を行なうには、コウモリの追い出しが必要ですが、追い出すだけでは、再び戻ってきて被害が再発するので、コウモリの侵入経路となっている開口部や破損部を修理して、家屋内に侵入させないことが重要です。

ページトップへ