コウモリ駆除はコウモリ駆除naviにお任せ|札幌市のコウモリ駆除サービス

  • お見積り無料
  • 24時間受付即日対応
  • 年間受付件数20万件以上

電話番号:0120-949-283 24時間365日、日本全国受付対応中!

札幌市対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社札幌サニター
株式会社札幌サニターは札幌エリアを拠点において様々な有害生物の駆除を行っている企業です。創業四十年を超える実績と経験を活かして、皆さまの住宅を外敵から守るために日々腕を磨いてきました。地球温暖化により近年では生き物の生息域が変わりつつあります。この札幌エリアも同様であり、従来生息していなかった種類の生き物が輸入によって住み着いたり、そのまま死滅せずに繁殖してしまうケースが増えています。もちろん害獣や害虫などの有害生物にもあてはまり、以前では見かけなかった生物が住み着いてしまう危険性があります。株式会社札幌サニターはこの今まで見かけなかった有害生物の危険性を前もって予測してきました。駆除方法や生息環境など様々な知識から最善を尽くしてきた実績があります。もしコウモリなどの有害生物の駆除に困っていることがあるなら、株式会社札幌サニターはお客様の不安を取り除いてくれるでしょう。
松原工業株式会社
松原工業株式会社は札幌エリアにおいてご家庭の様々な困りごとを解決してきた経験のある企業です。もちろん害獣被害の知識も沢山あり、コウモリの駆除も行っています。コウモリの習性として可視範囲が狭く、超音波という、人間の可聴域を超えた周波の音の反響によって生活を送っている種類が多い傾向にあります。コウモリの対策をご家庭で行う際にこの習性を活かしてネズミ除けのような超音波発生装置を設置されるケースが多いのですが、もちろんコウモリにも学習能力があります。人間が生活音に慣れるように、犬が臭いに慣れるのと同様に、コウモリも長期間おなじ超音波を感知し続ければ効果が薄れてしまいます。コウモリ被害に遭われた方はコウモリを追い払った後の住宅の補修が重要になります。つまり屋根の瓦の補修や屋根裏との間の隙間などのコウモリの住処になる箇所を手直しする必要があるのです。コウモリ駆除はもちろん、住宅のケアも含めて松原工業株式会社はお客様の力になってくれるでしょう。

札幌市に潜むコウモリの活動場所と糞尿・騒音対策について

北海道の札幌市には数多くの観光名所があるエリアとなっており、冬のシーズンになるとスキーが盛んとなります。観光客にとっては人気がある札幌市となりますが、同時にコウモリが生息している場所でもあります。主に鳴き声や羽音によって騒音問題を発生させることで知られていて、札幌市でも悩んでいる人が多いようです。2008年の調査では276,080軒ある木造住宅や、2,706箇所存在する公園に生息することが多いので、それらの場所でも定期的に糞尿を排出することがあります。コウモリの糞尿には細菌が入っていることがあるため、危険な生物として認識されています。噛みつかれるまたは引っ掻かれるといったことでも、細菌に感染してしまうことがあるので注意が必要です。このように札幌市では危険視されていることから、定期的に駆除作業が行われています。コウモリは体の長さが非常に小さいことから、一般的に木造住宅の屋根裏部屋などに侵入することが多いです。しかし札幌市には多くの宿泊施設が建てられていることから、ホテルやペンションなどに侵入することもあります。そうなると観光客に被害が発生する可能性があり、駆除においては徹底していることが特徴となっています。駆除を行うポイントとしては、人があまり活動することがない夜の時間帯に行われることが多いです。コウモリは夜行性という特徴があるため、夜間において捕食などをすることが多くなっています。エサを獲りに行っている間に、巣などを見つけて1つずつ駆除や捕獲をしていく流れとなります。また昼間に作業を行う場合においては、出来るだけ周りに人が集まらないように立ち入り禁止などの看板を立てることがあります。さらに駆除をする場合においては、引っ掻かれたりしないように防護服を着用して作業をしていく流れとなっています。このように業者が定期的に駆除を行うことによって、札幌市にいる住民や観光客の安全を守ることが可能となっています。

ページトップへ