コウモリ駆除はコウモリ駆除naviにお任せ|静岡市のコウモリ駆除サービス

  • お見積り無料
  • 24時間受付即日対応
  • 年間受付件数20万件以上

電話番号:0120-949-283 24時間365日、日本全国受付対応中!

静岡市対応の弊社加盟店のご紹介

ヤーマン商店
コウモリを駆除するために必要なのは、まず殺さないこと、そして追い出すこと、最後に戻らせないことの3つです。コウモリは鳥獣保護法によって保護されている動物なので、ねずみのように毒餌を仕掛けたり、罠で捕獲をするなどの処分方法は取れません。これがコウモリの駆除を一層難しくしているのですが、駆除を行わずに放置するのもいろいろと問題があります。糞の臭いや家屋の汚損、羽音や鳴き声による騒音被害は代表的なものです。コウモリの数が増えればこれらの影響もそれに合わせて大きくなっていきます。コウモリからのトラブルを避けるには、なるべく迅速な駆除が必要です。その際頼りになるのが静岡でコウモリ駆除に対応している業者の1つであるヤーマン商店です。ヤーマン商店は皆様からのご依頼内容をしっかりと反映した作業を行ってくれます。

静岡市に潜むコウモリの活動場所と糞尿・騒音対策について

コウモリは西洋社会では吸血鬼のイメージがあって忌み嫌われるところもありますが、日本では神社で祭られていたり、天然記念物に指定されていたりして古来から祀られることはあっても、嫌われる存在ではありませんでした。しかし、静岡市のように都市化が進むと洞窟内を住みかとする種類は減る一方、住居を住みかとする種類のアブラコウモリが大発生するようになりました。アブラコウモリは公園近くの木造住宅を住みかとすることが多く、静岡市には477箇所の都市公園があります。木造住宅の屋根裏に続く穴や雨戸と戸袋といった狭くて暗い場所に日中は潜み、夜になると公園の電灯に集まる昆虫を捕食するために活動します。熱帯域のコウモリ本体や糞尿には狂犬病などの致死率の高い病原菌が潜んでて、人間に感染したケースもあります。幸い日本では狂犬病が媒介された報告はありませんが、その他病原菌やノミなどの害虫に汚染される可能性があるので、むやみに触ってはいけません。また、許可なく捕獲することも法律で禁止されています。しかし、そのままにしておくと、糞尿や死がいから悪臭が漂ってくることと、壁や天井裏で動き回る音や甲高い鳴き声に悩まされます。ホームセンターではコウモリ対策グッズが販売されていますが、住みかにされてしまった場合は追い出せたとしても再侵入や糞尿の掃除や消毒まで行うことは個人的に困難です。害獣駆除を行なう業者に任せるのが良い方法で、再侵入もなくなるため結果的には費用も抑えることができます。害獣駆除を行なう業者でも捕獲することはできないので、作業内容は追い出して、清掃・消毒して、侵入口を塞ぐ流れとなります。静岡市にも多くの害獣駆除を行なう業者があります。コウモリの鳴き声が天井や壁の間から聞こえるようであれば、ただちに連絡するようにしてください。時間がたてばたつほど住居の設備が腐蝕して、回復費用が高額になってしまいます。ほとんどの業者では見積りをしてくれるので、まずは相談して下さい。

ページトップへ