コウモリ駆除はコウモリ駆除naviにお任せ|山形県のコウモリ駆除サービス

  • お見積り無料
  • 24時間受付即日対応
  • 年間受付件数20万件以上

電話番号:0120-949-283 24時間365日、日本全国受付対応中!

山形県対応の弊社加盟店のご紹介

リリーフ
日本の民家に居着くアブラコウモリは体長が小さく、ちょっとした隙間からでも侵入してくるので注意が必要です。もし侵入されると駆除をするまで居着かれてしまう場合が多く、その間に糞尿が溜まったり、繁殖してしまうので気が付いたらすぐに駆除をすることが必要になってきます。その際には山形県のリリーフが頼りになるでしょう。コウモリ駆除を多く行ってきました。しかし、コウモリを殺したり、捕まえたりすることをしてはいけません。体が不潔だから触ってはいけないという理由もありますが、実はコウモリは日本では法律によって保護されています。鳥獣保護法の対象動物で、捕獲や殺害には許可が必要なのです。駆除のたびにその許可を取るのは時間の無駄なので、リリーフでは追い出すことで皆さまの家から駆除を行っています。そのために的確に追い払う技術を常に磨いており、非常に真面目な業者だと言えます。

山形県に潜むコウモリの活動場所と糞尿・騒音対策について

さくらんぼが名産品として有名な山形県。人口が116万人ほどいる都道府県で、美しい日本海に面していることから、他の地方から観光客が多数訪れる街でもあります。そんな山形県ではコウモリの発生が多く、県内のコウモリく駆除業者のもとには、駆除依頼が多いと言います。本来コウモリとは住宅街には発生することはあまりなく、元々山や洞窟といった場所に生息しています。しかし人の手によって木々が伐採されることによって、コウモリの生息できる場所というものが狭くなってきており、その結果、人が住む住宅街にまで進出するようになって、色んな場所で見かける機会が増加しています。山形県には大体294,100軒ほどの木造一戸建てがあり、コウモリは主に屋根裏部屋に侵入して生息することが多いです。屋根裏部屋に生息する理由ですが、洞窟の中と環境が非常に似ていることが関係しています。共に薄暗く湿気があるという共通点があるため、非常に住みやすい環境が揃っています。また815ヶ所ほどある公園についても生息しやすい傾向があり、まだ子供が遊んでいる夕方時にもみかけることがあります。コウモリは放置しておくと、騒音や糞尿による被害を発生させる危険性を秘めています。夜行性なので夜間に活動が活発になり、その鳴き声によって騒音を発生させることが問題となっています。また排泄した糞尿には、病原菌やウイルスが含まれているため、健康面で悪影響も心配なところです。こういった様々な問題を起こすコウモリ、そのため山形県では発見しだい駆除するよう呼びかけています。駆除については、薬剤などを購入して自分でも行うことも不可能ではありませんが、コウモリは鳥獣保護法によって保護されていて、殺傷が禁止されているため、対応については慎重になることが重要です。防止策として、自宅に侵入をさせないよう、例えば香りが強いスプレーを屋根裏部屋などの入口に散布するなど試してみるのは良いかもしれません。またコウモリは高音を嫌う習性があることから、超音波発生装置を購入して入口周辺に設置するという方法もあります。いずれにしても、最初からコウモリ駆除業者に依頼した方が確実で賢明と言えます。

ページトップへ