コウモリってどんな動物?

暑い夏もまだまだ続きますが、この季節は特にコウモリが多い季節となっています。
都会から少し離れた郊外になると、さらにコウモリをよく見かけることができ、コウモリが自分の頭すれすれで飛んでいくといった様子を見ることもできます。

コウモリと言っても様々な種類があります。
よく日本で見かけるコウモリはアブラコウモリと言われています。特に住宅に住み着くことが知られているために、イエコウモリという別名もあります。
このアブラコウモリが食べるものは特に虫で、都会などではユスリカなどが栄養源になっています。
かつては縁起の良い動物と言われていましたが、今ではすっかりそうした言い伝えは忘れられ、
ダニなどの発生源になったり、糞などの被害があることから、害獣とされています。

日本には他にも沢山の種類のコウモリが生息していますが、
稀に翼を広げた大きさが2メートルほどの巨大なコウモリの被害がある場合もあります。
ここまで大きなコウモリだと、人間が食べられたりするのではないか?と心配になってしまいますが、
このコウモリは基本的に植物を食べており、人間を襲ったりすることはありません。
しかし、作物などに被害をもたらすために対策を考える必要があります。

中には絶滅の危機にさらされている種類のコウモリもいるため、コウモリの被害に遭われたら、慎重にコウモリ駆除のプロにご相談ください。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次