コウモリに入られやすい家

当サイトによくあるお問い合わせが、アブラコウモリの駆除です。
アブラコウモリは特に日本全土でよく見られる比較的小さなコウモリで、ノミやダニを媒介したり、糞害など衛生的な被害をもたらします。コウモリは基本的に暗い場所を好む習性があり、また虫などを食べて生きています。
コウモリの被害が心配な方に、コウモリの被害に遭いやすい家の特徴をご紹介します。
◯一戸建ての瓦屋根の家
特にコウモリの被害が圧倒的に多いのが、屋根裏に広い空間がある家です。
近年は断熱効果の高い家が登場しており、屋根裏はますますコウモリの恰好の住処になります。
冒頭にもありましたが、コウモリは暗い場所を好む習性があります。コウモリというと暗い洞窟などで生活していると思われがちですが、特に日本でよく目にするアブラコウモリは、ほとんど建物などに暮らしています。
◯換気扇が外に通じている家
換気扇のような小さな場所にコウモリが住めるのか?とビックリされる方も多いのですが、コウモリは1.5cmの隙間があれば、そこを住処とすることができます。換気扇が外に通じている家、また換気扇を回すことが無いという家は特に注意が必要です。

近隣でもコウモリの被害がある場合や、夜間にガサゴソと音がする、といった場合、
姿を見ていなくても構いませんので、一度当サイトにご相談ください。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次