コウモリの捕獲には公的な申請が必要なのです。

「自宅近くでコウモリが出るようになって子どもが怖がっている」「夜になると近所に住み着いたコウモリの鳴き声がうるさい」「コウモリの糞害で困っている」など、さまざま理由からコウモリの駆除を考えていらっしゃる方が多くおられます。
しかし、コウモリはこのように害があるからと言って、簡単に駆除できる動物ではないのです。実は、日本に生息するコウモリ類は全て鳥獣保護法の対象であり、捕まえたり殺したりすることができません。コウモリは、手で捕まえるだけでも捕獲許可申請が必要なのです。
つまり、コウモリに対して業者に頼らず対策をするとすれば、「自主的に出て行ってもらう」ことを待つしかありません。
しかし、そのようなことを待っているというのは、およそ有効な対策とはいえません。コウモリに住み着かれてしまって困っている場合は、まずコウモリ駆除ナビにご連絡ください。しっかりと対応してくれる業者をご紹介いたします。
現在、多くのコウモリ駆除業者では、国や県の機関で保管申請し、コウモリを駆除する業者はコウモリを傷つけず、優しく家屋から移動させる方法で駆除をしています。そのようにして、家屋に住み着いてしまったコウモリを屋外に出し、二度と家に侵入できないように建物の内外にある全ての穴を可能な限り塞ぎます。1cm以上の大きさの穴からはコウモリが侵入してくるおそれがあるので、それらも全て塞がなければならないのです。
このような作業には、コウモリに関する知識が不可欠です。もし、お近くでコウモリの被害などがありましたら、コウモリ駆除naviにご連絡ください。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次