アブラコウモリの生態

知らないうちに家に侵入し、糞などで私達の生活を脅かすコウモリ。
かつてはコウモリが家に来るということで、家に幸福がやってくるとまで言われていました。また、広島県福山市のシンボルマークはこうもりをモチーフに作られており、かつて人間に親しまれていたことがよく分かります。

特に日本で多く見られるコウモリがアブラコウモリです。彼らは私達の知らない不思議な生態を持っています。
例えばアブラコウモリは自分の位置関係や獲物を把握するために超音波を発していると言われています。海外や沖縄県の一部では視力を頼りに飛行するコウモリもいて、大きな目をしていますが、アブラコウモリは超音波を使用していることもあり、目は退化しています。

また、アブラコウモリは自然の洞窟などにはほとんど住み着かず、わざわざ人間の家の屋根や換気扇の中に住み着きます。
厄介なのは、コウモリが病原菌を媒介するということです。
コウモリに噛まれたからといって病気になってしまったという例はまだ見られていないと言われていますが、噛まれても大丈夫というわけではありません。

万一コウモリでお困りの際は、当サイトにご連絡ください。
24時間受け付けておりますので、お気軽にお電話頂けます。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次