コウモリを追い払う方法

コウモリは、夜行性の生き物で昼間は洞窟や天井裏で休み、日没の時間帯から飛び回る特徴があります。コウモリに住み着かれてしまうと、騒音や糞尿、ダニやノミの発生などの被害にあう恐れがあります。コウモリの種類は約900種類あると言われていますが、日本には約30種類以上のコウモリが生息しています。コウモリは7月~8月に繁殖期を迎え、今の寒い時期は冬眠をしています。コウモリの駆除は繁殖期に行うことは難しいため、春先から6月くらいまでか、冬眠する前の秋ごろがコウモリの対策に適しています。これからの季節にむけて、コウモリ対策についてご紹介します。
コウモリ対策には様々な方法があります。コウモリは音波の跳ね返りで餌の場所や大きさを感知しているため、妨害される電波を嫌います。そのため、コウモリが帰ってくる10時~11時頃にラジオなどの電波が出る電気製品を使い、コウモリの音波を乱す方法があります。CDやDVDもコウモリの音波を乱す効果があるためおすすめです。この他に、アルミホイルをコウモリが寄ってくる場所に貼り付けておくと、コウモリの音波を乱すだけでなく光も反射するので、コウモリにとって住みにくい場所になります。
コウモリの対策はコウモリを追い払う方法しかありません。このような対策をしても効果が見られずコウモリに困っている場合は、コウモリ駆除の業者に依頼することをおすすめします。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次