コウモリが家に入ってきてしまったら

みなさんご存じの通り、コウモリは翼が生えていて完全な飛行ができる唯一の哺乳類です。哺乳類の特性と鳥類の特性を併せ持ったコウモリは機動力が高く、自宅に侵入することも多々あります。雨風がしのげる温かい場所を住みかとするため、天井裏などはコウモリにとって快適な空間だからです。サイズが小さい種類も存在し、1cmほどの隙間が空いているだけでも侵入を許してしまいます。特に6月から8月にかけてはコウモリたちにとって繁殖期であり、その中でも活動時間である夕方から夜中にかけて暴れまわるので、騒音被害にあっているお宅も多いです。だからといってコウモリを駆除しようとしてはいけません。彼らは鳥獣保護法第一条によって保護されているからです。だから、殺処理を選択することはほとんどありません。また、コウモリは国内外問わずに病原菌を持っていることが多いので、素人が下手に扱うと命に関わることもあります。ですので、コウモリの侵入を許してしまった場合には、むやみに手出しをすることは控えましょう。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次