コウモリの対策は難しいです

コウモリは、蛾やゴキブリなどの虫を食べるために益虫とされています。つまり「良い生き物」として鳥獣保護法により個人での捕獲・駆除は禁止されています。確かに虫を食べてくれたりするのは良いかもしれませんが、このコウモリが大量に住み着いてしまうと、フンや死骸が、壁や床の汚染につながり困った事態となります。壁に何か黒い塊がくっついている!と思ったらコウモリだったとなると、かなり気味が悪いと思われる方が多いでしょう。日本で多くみられるコウモリは体調が5センチほどしかなく、家のわずかな隙間からも侵入します。そして居心地が良い場所にはどんどん集まってきて、大きな群れで暮らすようになってしまうのです。コウモリを撃退するには、直接的には手が出せませんからまずは追い出して、侵入される穴を塞ぐという作業になります。追い出す方法としては、コウモリの超音波を磁石で狂わせる、蚊取り線香を焚くなどに効果があると言われています。ただし、これらが本当に効き目があるかはよく分かっていません。また、一度コウモリを追い出してもまた戻ってきてしまう事はよくあります。個人で何度もこういった作業をするのは大変です。本当に効果のある薬剤を利用し、出入り口となる隙間などを徹底的に調査して塞ぐことが重要です。コウモリ駆除業者へ依頼することで、コウモリが戻ってこない家にしましょう。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次