意外と身近なアブラコウモリ

夕方の空を見ると、鳥のような、低いところを飛んでいる何かを見たことがありませんか?その正体は、コウモリです。人によっては、コウモリなんてこんなところにいるわけがないのだから、一体何なのだろうと、首をかしげる人もいるかもしれません。しかし、コウモリは、意外と身近な存在なのです。アブラコウモリという種類は、別名家コウモリと呼ばれており、家屋に住み着く場合が多いです。アブラコウモリは基本的に、人間を襲ったりしません。コウモリにはセンサー機能のようなものがあり、人や障害物などを察知すると、それを避けます。また、仮に住み着いたとしても、蚊などの飛んでいる虫を食べてくれるので、人間にとって益のある一面も持っています。ですが、実際に住み着かれてしまうと、色々と困ることもあります。コウモリですから、飛ぶのですがそれが騒音となりますし、夜行性なので、がたがたと夜遅くに聞こえれば、睡眠を妨げられたリ、不審者や侵入者と勘違いしてしまうこともあるでしょう。また、糞の被害もあり、掃除の手間も増えますし、衛生的にも悪いです。人が生活している空間にも入ってくることがあり、目の前をバタバタと飛んでいたらやはり不快ですし、衛生的にも非常に良くないと言えるでしょう。コウモリ駆除は、基本的に禁止されています。ですから、入ってこないようにするか、入ってきたものを追い出すことしかできません。侵入経路がわかっていたり、対処がしやすい場所であれば、それほど難しくはないかもしれませんが、屋根裏や普段使用していない場所に住み着かれた場合は、対処が難しくなります。もし、コウモリの被害でお悩みの場合は、コウモリ駆除や防除を行っている業者に相談してみてもいいかもしれません。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次