怖いコウモリの被害

コウモリと言いますと、夕方頃に不思議な飛び方をしている生物を見たことがある方も多いのではないでしょうか。都会に住むコウモリは日が落ち出す夕方に活動を開始します。飛び立ったコウモリはエサを求めて2~3㎞を移動し、その間に蚊や蛾などのエサとなる虫を大量に食します。この虫を主食とする部分が人にとって有益であると考えられており、益獣ともいわれています。コウモリは大食漢で、成獣一頭につき自分の体重の半分から三分の一の量の虫を一度の食事としています。その分大量の糞をしますので、都会にいるコウモリがをねぐらとしている人家に大きな被害を与えます。それにより不衛生な場所となり、ダニやノミが発生し人に害を与える二次被害もあるのです。さらに夜行性であるために夜の騒音の原因にもなることがあります。コウモリは群れを形成します。そうして何匹ものコウモリが夜に行動しその物音によって、安眠を妨害されることもあるようです。さらに何匹ものコウモリは大量の糞を群れで落とします。その分汚染や被害も大きくなっていき、場合によってはリフォームをしなければならなくなったり、ひどい健康被害を受ける恐れがありますので、もし家からコウモリが飛ぶのを見たりした場合、早めにコウモリ駆除などの対処を行いましょう。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次