コウモリの生態

コウモリというと私たちの生活にはあまり縁がなさそうに思われます。しかし、実際には天井裏・換気口・建築物の瓦の下などあらゆる隙間を自分の生活圏とし、人間の住む市街地に生息をしています。コウモリの糞は病原菌の繁殖元となりますので、速やかな対策が必要となります。コウモリの大きさは胴長40~60センチで黒褐色から灰褐色をしており、平野部に主に分布をしています。都心部でも数多く生息が確認をされており、夕方の空に飛んでいる姿を見かける事もあります。建物の少ない山間部には少ないようです。コウモリは夜行性として広く知られており、昼間はねぐらで休み日没から夜間に活動し飛び回ります。エサはカ・ユスリカ・ウンカなどの小型の昆虫類を主に主食としており、日本では11月ごろから暖かい場所で冬眠をし、4月ごろに目覚め活動を開始します。コウモリは数党の家族単位で暮らすことが多いのですが、10月ごろになると盛んに交尾が行われその集団は50~60匹、時に300匹以上になることもあるそうです。寿命は雄で1~3年、雌で5年ほどと比較的短命と言えるでしょう。コウモリ予防の基本はねぐらへの侵入口を完全に封鎖してしまうことです。それと同時にねぐらの殺菌消毒も必要不可欠になってきます。個人で行うには難しいコウモリ駆除は業者にお任せされることをお勧めいたします。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次