市街地に現れるコウモリ

世界中に生息するコウモリはほ乳類として分類されていますが、4000種のほ乳類のうち、約1000種がコウモリと言われています。ムササビとも似ているコウモリは羽を広げ飛び回り、夜行性の特徴を持ちます。コウモリは薄暗い洞窟に生息しているというイメージがありますが、現在、都心部の市街地でもコウモリが多く見られています。日本でよく目撃されるコウモリはアブラコウモリと呼ばれるもので、被害の拡大が目立ちつつあり、住宅内の被害報告も出されています。コウモリは住居の天井裏や壁に住み着きやすく、糞尿などで汚染を繰り返します。自ら人に襲い掛かる習性はありませんが、むやみに駆除しようとしたり、近づくことで咬みつかれてしまう可能性も考えられるので、発見した場合、まずはコウモリ駆除に対応する業者に相談されることが得策です。コウモリのもたらす被害は騒音や不快感だけではなく、糞尿、菌などもあり、健康被害にも影響します。もし、天井裏などで物音がする場合はご自身が確認されることを控え、知識を持った業者に調査してもらいましょう。当サイトでもコウモリの追い出しや糞の清掃、消毒に対応する業者をお探しいただけますので、お困りの方は一度ご利用をご検討ください。コウモリの侵入経路を塞ぐなど、予防・対策の面でもお力になれるはずです。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次