コウモリの出産について

私たちの家に入り込んでくるコウモリはアブラコウモリと呼ばれているものです。非常に小さな体格で、人の手の中にすっぽりと納まってしまいます。この小さな体を利用して家のちょっとした隙間から屋根裏などに入り込んでくる厄介な害獣です。このアブラコウモリはコウモリ駆除をされている害獣ではありますが、気がつくと100匹近くにまで増えていることがあります。どうしてこのように増えてしまうのかを今回はご説明いたしましょう。コウモリの繁殖は夏に起こります。これは餌である虫をたくさん捕まえることができる時期だからです。秋頃に交尾を行い、そこで雄からもらった精子はすぐに受精させず、冬眠から目覚めるまで保存することができます。そして夏になって3匹ほどの子供を産んでいくのです。子供のコウモリは1ヶ月ほどすれば飛べるようになりますので、すぐにちょっとした群れができてしまいます。こうしてコウモリが100匹近くまで増えてしまうことがありますのでご注意ください。増えすぎてしまった場合のコウモリ駆除は大変労力が必要ですので、ぜひともコウモリ駆除を扱う業者におまかせください。どれだけ数がいてもすぐに駆除をしてくれるでしょう。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次