コウモリが増える時期とは?

害獣駆除では、害獣たちが子供を産む前に駆除するのが良いでしょう。もしも子供が産まれてしまいますと、満足に動けない子供を外に追い出すことは難しくなりますし、親も子供を守るために追い出しにくくなります。また、数が増えてしまうことによって鳴き声や糞による害も増えてしまいます。
それは、コウモリも同じです。日本において、住宅に住み着くコウモリはアブラコウモリという種類しかいません。そのアブラコウモリですが、いつ繁殖しているのでしょうか。

アブラコウモリの子供が産まれるのは、主に7月だと言われています。コウモリの交尾自体は10月あたりに行われますが、その時に雌の体に精子が蓄えられ、それが春ごろに受精して、夏に産まれるのです。つまり今の時期は、まだコウモリの雌が妊娠し始めた頃だといえます。
コウモリ駆除をするのなら、夏に入って子供が産まれる前に行うのが賢明です。もしも産まれてしまいますと、その子供が巣立つまで一ヶ月近くを要することになります。その間コウモリ被害に遭い続けることになるかもしれませんので、早めに対策を行うようにしてください。

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次