狂犬病Q&A

Q1.どうやって人へ感染するの?
A.
まず一番に考えられるのはコウモリに噛まれることによって感染するケースです。ですがこれはなかなか判断するのが難しいです。狂犬病に感染した人の中で噛まれたと判明しているのはわずか1件で、他は噛まれたという記憶がなかったり、直接的な証拠がない場合が多いです。何故なら、コウモリは噛まれても分かりにくく、気づかなかったり、狂犬病が判明する時期自体がかなり後なので記憶が薄れてしまっているからです。
珍しいケースとしては、空気感染の疑いがある件です。これまでに2例あります。コウモリの唾液などが空気中に充満し、その空気を吸うことによって感染したと考えられています。これはコウモリがたくさん生息している洞窟の中で発生します。
Q2.狂犬病に感染しているかどうか見分けるには?
A.
コウモリが狂犬病に感染すると、麻痺状態になると言われています。麻痺状態になることによって動きがが鈍くなり、普段暗くても非常に速いスピードで、障害物にも当たらずスイスイと飛ぶのですが、それが早く飛べなかったり、木や壁など、周りの障害物にバンバンと当たりながら飛行します。ペットに捕まえられやすくなります。ペットがコウモリを咥えていたら要注意です。
また、狂暴化する場合もあります。不用意に近づいて、触れてしまったり怪我をしてしまったりといったことが無いように、かないようにしましょう。
Q3.狂犬病を防ぐには?
まず、コウモリと接触しないようにするのが一番です。接触してしまった場合は、直ぐに病院に行き、診察を受けましょう。ペットの場合も同じです。コウモリとの接触が見られたら直ぐに動物病院へ連れて行きましょう。
ペットは知らない間に接触している可能性もあります。ペットも大切な家族です。少しでも「おかしいな?」と感じましたら、直ぐに病院へ向かいましょう。
予防としては狂犬病ワクチンを接種しておくことです。 そんな駆除に関するご相談や、

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次