習性を知る

意外な一面
アブラコウモリが家に住み着くコウモリであるという事はわかってもらえたでしょう。
このページでは、よりコウモリの事を詳しく知ってもらう為にコウモリの習性について見ていきます。
まず、蝙蝠がどんな動物なのか?と考えた時に最初に思い浮かぶのは、やっぱり昼は暗い場所にいて夜になったら活発に行動するという事だと思います。
もちろん、このアブラコウモリも夜行性であるので、昼間は家屋につくった巣で寝て、日が落ちてから活動を開始するんですね。
食事
どんな時期でも必ず行う活動と言えば、食事ですよね。
何も食べなければ飢えるのは蝙蝠も人間も同じです。
家屋に住む蝙蝠は蚊等の害虫を捕食するので、害獣ではなく益獣としての一面も持っているんです。
益獣であれば、駆除する必要ってないのでは?という風に思うでしょう。
でも、そうでも無いんですよね。
その理由っていうのは先程の食事と密接に関係していて、食事をすると必ずついて回るのが排泄ですよね。
排泄
家屋内に蝙蝠が住み着く事で、蝙蝠の排泄物で家屋が汚染されてしまうんです。
そうした排泄物等には細菌やウイルスっていうのは潜んでいるかも知れないですし、悪臭というのも問題になってきます。
悪臭が漂う家なんていうのはやっぱり、不快だしそれが自分の家だったら、ヤッパリ綺麗にしたいと思いますよね?

電話ですぐに質問する

0120-949-283

フォームで相談する

 

記事が気に入ったらシェア!
目次