コウモリ駆除はコウモリ駆除naviにお任せ下さい!

年間駆除実績 3000件以上
無料相談・無料お見積りはコチラ。専門のスタッフが対応いたします。

コウモリの生態について

生態について

コウモリは、「脊髄動物亜門哺乳網コウモリ目」に属する動物の総称です。世界中に2,000種類いると言われ、日本では約30種のものが生息していると言われています。哺乳類ですが、飛ぶことの出来る立派な翼がついているので、空飛ぶ哺乳類と呼ばれています。哺乳類の中で、自力で空を飛べるのは、コウモリだけだと言われています。
コウモリは超音波を使って空を飛びます。人の耳には聞こえないような音を出して物体に当てます。その反射した音を、特有の鼻(鼻葉)で受け止め、方向を決定します。このため、夜や洞窟の中などの、で真っ暗闇な場所でも障害物にぶつかるなく飛ぶことが出来るのです。

繁殖能力について

温帯のコウモリは単発情周期型とされています。このタイプは年に一度、発情して妊娠し、子育てを行います。交尾を始める時期は秋、もしくは冬眠中でも活動している時です。この時、メスの体内に入った精子は、冬眠から目覚めるまでメスの体内に保存されています。冬眠から目覚めて初めて受精されるのです。
熱帯に生息しているタイプは様々で、単発情周期型の他に、多発情周期型というタイプもいます。多発情周期型は年に2,3回発情します。このように、コウモリは餌の時期に合わせて出産時期を計画的に調節しているのです。

どんな害がある?

屋根裏を住処とするコウモリは、当然そこで糞や尿をします。つまり、溜まりに溜まったコウモリの糞や尿によって不衛生になってしまいます。糞尿のきつい臭いに悩ませされるようになります。天井から尿によるシミが出来てしまったり、ダニの発生原因にもなるので、アレルギーを引き起こす恐れがあります。

狂犬病被害について

狂犬病にかかってしまうと待っているのは「死」だと言われるほど、おそろしい病気ですが、日本で狂犬病が最後に発症したのは昭和32年頃で、現在日本で狂犬病に感染する心配はないと言われています。その為、日本にいるコウモリから狂犬病に感染するということ極めて低いです。しかし、噛まれたりひっかかれたりすると傷口から雑菌が入ることもありますので、無闇に近づいたり触ったりするのはやめておきましょう。

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072

コウモリ駆除はコウモリ駆除navi!無料相談・無料お見積もり・ご依頼はお気軽にお電話ください。

コウモリ駆除でお困りの方はコウモリ駆除naviへご相談

全国の害獣のご相談はコチラ
各種クレジットカード使用可能です。
取材依頼多数!
  • コウモリ駆除までの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問
  • コウモリの種類と危険性
情報漏洩対策処理対応万全
コウモリ駆除naviの4つの強み

対応エリア

全国対応!!

選ばれる4つの理由

選ばれる4つの理由0120-021-072

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072

コウモリ駆除の流れ

駆除の流れ フリーダイヤル0120-021-072

コウモリ駆除naviの取引実績

弊社の取引実績について

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072

お客様の声

2012年4月から6月までの期間にコウモリ駆除naviをご利用頂いたお客様から、アンケートをいただきました。ご利用後、アンケートに応えて頂いた方には無条件で500円のQUOカードおつけしております。

大阪府50代男性 4/5
夜になると家の天井裏で音がするようになり、天井裏を開けて見てみると小さなコウモリがいてとてもびっくりしました。
何か対策をしなくてはと思いインターネットでいろいろ検索をしていたら害獣駆除のホームページを見つけました。 夜でも電話受付はつながるということだったので助かりました。
早速電話をして、コウモリ駆除というのは法律的に捕まえて殺すということはできず、追い出して二度と戻ってこないように施工することを教えてもらって早速調査見積もりに来てもらいました。まずはこうもりを追い出し、侵入口を塞いでもらいその後巣や糞の始末をしてもらいました。
コウモリ駆除naviさんに依頼してよかったです。
埼玉県40代女性 4/11
自宅は古くからの家で、蔵があります。
ある日蔵に入ったときに天井の辺りに小さなコウモリが潜んでいました。こうもりがいるところの下には糞がたくさん落ちていて、悪臭を放っていました。
駆除しなければと思い、インターネットで調べてこちらのホームページに電話をしました。近寄って触れたりするとノミやばい菌を持っているので危ないですとアドバイスしてくれ安心できました。

コウモリ駆除の専門家が調査に来てくれ、追い出しから糞の清掃まで全て行ってくれ、蔵の天窓をネットで塞ぐ施工をしてくれました。コウモリ駆除が終わってからちょくちょく蔵に行くようになりましたが、全く再発はしていません。コウモリ駆除naviさんには本当に感謝しています。
大阪府30代男性 5/15 
玄関のひさしにこうもりが住み着くようになりました。
玄関近くに糞をたくさん落とすようになり駆除しなくてはと困っていました。 インターネットで見てみると糞には菌が繁殖し、こうもり自体にもウィルスを持っていたりして危険とあり駆除専門家に見てもらおうとこちらの害獣駆除のホームページに電話をしました。2度と寄り付かないようにする施工がコウモリ駆除だということで、見積もりを出していただきお願いすることにしました。

菌が繁殖して危険だという糞の清掃と消毒までしていただき、自分で駆除のための全ての薬品を揃えたとするとかなりの金額になるだろうと思い、コウモリ駆除naviで専門の駆除をしてもらってよかったと思いました。
東京都50代男性 5/18
家の中をばたばた飛ぶ生き物がいて最初はなんなのか分かりませんでしたが、止まっているとき良く見てみたらコウモリでした。

窓は全て閉めているのになぜ入ってくるのだろうと疑問に思い、インターネットで調べたこちらのコウモリ駆除naviにお電話しました。調査に来てもらうとやはり屋根裏に巣があるみたいでなんと子供を生んで10匹ぐらいが潜んでいました。
すぐに追い払って清掃、消毒をしてもらい駆除は完了しました。聞くところによるとコウモリはウイルスを運んでくるらしく早くコウモリ駆除をしてよかったと思いました。
小さな子供もいるのですぐに来てくれ駆除の対応をしてくれたるコウモリ駆除naviさんにはとても感謝しています。
神奈川県30代女性 6/18
家の農具入れの倉庫になにか鳥のような生き物が住みついていると思っていたらコウモリでした。

糞をたくさんするので倉庫内の物が汚れてしまいとても困っていました。どうすればこの糞の被害がおさまるかと思いインターネットで探してこちらのホームページにお電話しました。
駆除の施工は半日ほどで終わり、侵入口である倉庫の扉の隙間も塞いでもらいました。糞も清掃と消毒をしてもらいコウモリ駆除は完了しました。
再発せず今は安心できていますので、コウモリ駆除naviさんにコウモリ駆除をお願いしてよかったと思いました。

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072

よくあるご質問

コウモリを見つけたらどうしたらいいの?

よくあるご質問
コウモリを家の中で見つけてしまったらすぐにコウモリ駆除の専門家に連絡することをおすすめします。こうもりは屋根裏や、天井の柱の上など暗くて雨風をしのげる場所として住みつきます。7月ぐらいになると繁殖期で子供を生んだりもします。基本静かで、外敵から守れて雨風をしのげる民家の中というのはこうもりの良い住処となってしまいます。夜行性のため夜になると住みかから外に出て蛾などの虫を捕まえに行きます。こうもりは蛾などの小さな虫を食べてくれるので益獣などと言われますが、こうもり自体はウイルスやダニなどを運んだり、糞をしたりと衛生的に害が多い生き物になります。コウモリ駆除を自分ですることは鳥獣保護法に反することですし、ウイルスに感染してしまう危険性も高いので。こうもりを室内で発見したらまずはコウモリ駆除の専門家にご相談されることが一番です。

コウモリ駆除をせず放っておくとどんな被害がある?

よくあるご質問
こうもりはえさとして小さな蛾などの虫を食べてくれるので益獣だとも言われていますが、こうもりが天井裏などに住みついて放っておくと糞をたくさん室内に溜めてしまうため臭いの被害やばい菌による被害、また新たな虫をおびき寄せてしまうという被害が起こります。また、こうもり自体にもノミやダニ、トコジラミなどの害虫を持ってくることもあり、小さなお子さんがいる家庭などは注意が必要になります。また犬で有名ではありますが狂犬病のウイルスをもったコウモリがいて、今までにこうもりに噛まれて狂犬病に侵された例が報告されています。このようにコウモリ駆除をせずに放っておくとコウモリ自体の被害だけでなく大変な2次被害も巻き起こす可能性が高いため、家の中にこうもりを見つけたらすぐにコウモリ駆除の専門家に相談することをお勧めします。

コウモリ駆除ってどんなことをするの?

よくあるご質問
コウモリ駆除の依頼を受けたらまずは調査にお伺いします。こうもりがどこから屋内へ侵入しているのかの経路を見つけこうもりを追い出し、侵入経路を塞ぐ計画を立てます。その後、依頼主様に説明をさせていただき、まずはこうもりの追い出しをします。基本、コウモリ駆除は捕獲して殺すことはできないので、全て追い出した後に侵入口を塞ぎ、糞の被害の清掃、消毒を行います。大掛かりな施工となれば自治体の許可を取り、コウモリ駆除として捕獲する場合もございますが、基本は追い出し、侵入経路塞ぎと糞の清掃・消毒になります。自らで行うことはウイルスの感染などを考えると危険なことなので、コウモリ駆除の専門家に相談されることが一番です。

ホームセンターで売っているコウモリ撃退機は効果がある?

よくあるご質問
コウモリ駆除の薬品や機械はホームセンターや通信販売などで売られています。主なものはコウモリ駆除用のスプレーのようなものがあり、嫌いな臭いによりコウモリ駆除をするというものですが、臭い成分のものは効果が長くないので、駆除できたと思ってもまたこうもりを寄せ付けてしまう可能性もあります。あと、よく通信販売で見るネズミなどの駆除にも使われる超音波を出す機械もありますが、これも確証がとれておらず、超音波によっこうもりが暴れてしまいより悪い状況になったという例も聞きます。やはりコウモリ駆除で一番の方法はまずこうもりを追い出した後に侵入経路を塞ぐという駆除方法がベストだといえます。

なぜコウモリは家の中にくるの?

よくあるご質問
コウモリは夜行性で夜になると住みかから飛び出し蛾などの虫をえさとして捕まえます。 昼間は住みかでじっとしていることがほとんどのため、コウモリは外敵が少なく、雨風がしのげて寒暖の差があまりない民家の屋内を好んで住みかにします。天井裏などはコウモリにとって格好の住みかになるので、少しの隙間でも入ってきてしまい、コウモリ駆除の際侵入口を見つけるのにとても苦労します。日本でよく見るコウモリは体長5センチくらいと非常に小さく家にできてしまった3センチぐらいの隙間でも潜り込んできてしまいます。7月頃コウモリは繁殖期になり子供を産み数を増やしていきます。1度に2~3頭の子供を生み、生まれたばかりのコウモリは飛ぶことができないため、住みかに滞在しています。コウモリの寿命は3年ほどあり、冬の間は冬眠をするためずっと住みかにいることが多くなります。

よくあるご質問について

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072