コウモリ駆除はコウモリ駆除naviにお任せ|賃貸物件トラブルや生活問題

  • お見積り無料
  • 24時間受付即日対応
  • 年間受付件数20万件以上

電話番号:0120-949-283 24時間365日、日本全国受付対応中!

賃貸物件トラブルや生活問題

コウモリが原因で思わぬトラブルに発展することがあります

糞害による汚れや物音による騒音被害といった、コウモリから直接受ける被害は比較的想像しやすいものですが、その被害が間接的であっても、時に私達の想像もし得ないようなトラブルに発展することがあります。中でも代表的なものは、ご近所の方との間に発生するトラブルです。特に、マンションや団地といった賃貸の共同住宅に住んでいる方は、他世帯と生活圏が共通しますので、1つの世帯で発生したコウモリ被害がご近所一帯に広がって、トラブルを大きくすることが危惧されます。

こんなことでトラブルに!こんな時はどう対処する?

コウモリは野生動物ですが、万が一自分の専有部分に住み着いてしまった場合は、その時その時できちんと対処しておかないと、後になって責任を追求されてしまうこともあります。思いとは裏腹に、損害賠償や業務停止命令が出る事態になることもありますので、事が大きくなる前に対処しておくのが理想的です。
とはいえ、実際どんなトラブルが起きるのか想像出来ない方も多いと思います。ここからは、事例を参考にどのような問題が起きるのか?どのように対処すればいいのか?について解説していきます。

事例1

被害:マンションのベランダに住み着いたコウモリがベランダに糞尿をしてしまい、ニオイ移り等の被害が出て近隣の住人からクレームが来てしまった。

対策:コウモリはわずか1.5cmの狭い隙間にも入り込む習性があります。普通に暮らしていては気づかない事もありますので、コウモリの住処の対象となりそうな物の撤去と、棲み着いた兆候が出ていないか、定期的な観察をご提案しました。

賃貸マンションでも責任は問われるの?
たとえ賃貸物件であっても、ベランダは専有部分とみなされ責任を問われることがあります。被害が及んだ近隣の方のベランダの糞を処理するのにかかった費用を請求される事もありますので注意しましょう。もちろん持ち家の場合ベランダも個人の持ち物。そこ営巣したことが原因となれば監督責任を問われることも予想されます。

事例2

被害:マンションの非常階段にコウモリが棲み着いてしまったが、誰も処理せず放置されてた結果、糞害などの被害がどんどん拡大している。

対策:管理責任者がコウモリの侵入に気づいていない場合もありますので、共有部分にコウモリが棲み着いていると思われるならば、すぐに管理責任者に連絡し、適切な処理をしてもらうことをお勧めします。

こちらで処理をしてかかった費用を請求できるの?
管理責任者に許可をせず処理してしまった場合、報告義務を怠ったという理由で費用が支払われない可能性もあります。すぐに処理をしたいという気持ちもわかりますが、まずは管理責任者に連絡をして、その後に対策について話し合うことが大切です。

事例3

被害:近所の敷地内にコウモリが棲み着いているのに、一向に対策される気配がなかったので、敷地に勝手に入って追い払ったら住人に怒られた。

対策:例え駆除するためでも、他人の敷地内に入るのはいけません。対象の住人に現状を伝える、市役所・区役所などの自治体に相談してみるなどの方法をご提案しました。

自分の家にまで巣を作らないかと心配なので今すぐにでも追い払いたい
自宅も危険では?と怖い気持ちになるのはわかりますが、基本的に他人の敷地や施設に無断で入り込むことは「違法行為」とみなされてしまう事もあります。まずは住人の方にコウモリが棲み着いている事を伝え対処してもらうことを最優先しましょう。それでも改善されない場合は、自治体に相談することで注意喚起しもらえることもあるようですので(自治体により対応は変わります)、一度相談してみることをお勧めします。手間かもしれませんが、トラブルを回避する為には必要な行動です。

事例4

被害:暫く空きとなっている隣部屋の換気口からコウモリ出入りするのを見かけた。最近周囲にゴキブリなどの害虫が増えた気がする。

対策:外壁にある換気口は不備があっても気付きにくいものです。まして住人がいない部屋となれば、コウモリが室内に侵入して巣にしている可能性があります。コウモリの周りには様々な害虫も集まってきますので、すぐに管理責任者に連絡して空き部屋の点検をしてもらうようご提案しました。

隣部屋で発生したと思われる害虫駆除はしてもらえる?
コウモリやコウモリの排泄する糞を狙って、害獣や害虫が集まってくることは知られていますが、隣部屋との因果関係を証明するのは難しいので、自宅の虫駆除を要求しても対応してくれるとは限りません。しかしコウモリが棲み着いていた場合、コウモリ駆除と併せて害虫駆除を行うことは大変重要なことですので、その点は管理責任者に念押しして、しっかり処置してもらいましょう。

賃貸管理業者や駆除業者と相談して最善な対処をしましょう

このように、コウモリによる影響は直接的なものばかりでなく、周囲の人を巻き込んだトラブルにまで発展することがあります。様々なケースがありますので、特定の方法ではなく、状況に応じて適切な判断をしていくことが大切です。自分だけでは判断に迷う状況も出てくると思いますので、まずは賃貸を管理している責任者や関係者と話し合いの場を持つこと、更に駆除ということになれば、経験豊富な業者の力を借りるのも方法の一つでしょう。問題を後回しにすることで事態が悪化することもありますので、何か異変を感じた時には早めに行動することをお勧めします。

コウモリ駆除navi情報

ページトップへ