コウモリ駆除はコウモリ駆除naviにお任せください!

  • お見積り無料
  • 24時間受付即日対応
  • 累計問合せ件数210万件以上

電話番号:0120-949-283 24時間365日、日本全国受付対応中!

コウモリ被害にお困りなら任せて安心!

コウモリ駆除30,000円~

  • お見積り無料
  • 東証上場会社 万全のサポート体制
  • 累計問合せ件数210万件以上!

利用規約

コウモリ被害には、お電話1本で即日対応!!

24時間365日、日本全国受付対応中!

通話料無料 | 携帯電話・PHSもOK!

電話番号:0120-949-283

無料メール相談

東証上場企業

コウモリ被害でお困りの方、対策・駆除したい方は、コウモリ駆除naviまでお気軽にご相談ください。 運営企業:シェアリングテクノロジー株式会社

天井裏に住み着いたコウモリも迅速・丁寧に対応します!

コウモリ駆除naviなら、駆除から再発防止まで行います!

【お見積もり無料】駆除費用30,000円~

  • 糞害による臭いや、ばい菌の繁殖
  • ダニなどの新たな虫をおびき寄せる
  • 天井裏でゴソゴソと騒音被害
  • 追い出し
  • 侵入路塞ぎ
  • 糞の清掃
  • 消毒
各種クレジットカードがご利用いただけます※手数料がかかる場合がございます※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます
VISA、マスターカード、AMERICAN EXPRESS、ダイナースクラブカード

見えないところでこんなことになっているかも!?

フン害などでばい菌が繁殖しているかも... 巣として棲み付いた形跡がある 恐るべき繁殖力で気づいたら大量の数に... このような状態でいると「家の破損」「悪臭」などの被害につながります
そうなる前にすぐにお電話ください!

迅速・丁寧で確実な施工例

お客様のご要望や、予算・物件の構造に合わせ、様々な施工をご提案いたします。

  1. CASE01

    薬剤にて追い出し噴霧。侵入口をネットで塞ぐ。
  2. CASE02

    コウモリの糞を処理し、殺菌消毒後、侵入口を閉鎖する。
  3. CASE03

    軒天より侵入。殺菌消毒後、侵入口をネットで塞ぐ。
  4. CASE04

    シャッターの隙間から侵入。殺菌後、侵入口を防虫ネットで塞ぐ。

コウモリ駆除naviは”もしもの時のために”保険に加入しています。

「作業中に床が傷ついた」「作業完了後に欠陥を見つけた」など、もしもの場合のために "請負賠償責任保険" に加入しております。

コウモリ駆除naviが選ばれる4つの理由

安心の明朗会計

お客様に安心してご利用いただけるよう、分かりやすい料金設定にてサービスを提供いたしております。お見積り・現地調査は無料で行っておりますので、コウモリのことでお悩みでしたらまずはお見積りだけしていただき、お客様の方でじっくりご検討していただければと思います。お見積り後のキャンセル可能ですので、お気軽にご相談ください。 ※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

24時間365日受付対応

コウモリ被害に困っているけれど、日中は忙しくて連絡できないという方も多いのではないでしょうか?コウモリ駆除naviでは、24時間365日コールセンターで受付スタッフが待機しておりますので、深夜・早朝・休日でも、お客様のご希望の時間帯に連絡していただけます。コウモリ被害を抑えるためにも、なるべくお早めにご相談くださいませ。

日本全国受付対応

コウモリ駆除naviは1人でも多くのお客様のお悩みを解決したいと考え、北海道から沖縄まで全国で加盟店と連携しております。ですので、地方にお住いの方も、お客様のお住まいの近くの加盟店スタッフが迅速に駆けつけるよう対応いたしますので、安心してご利用くださいませ。お客様のお悩みに迅速・丁寧に対応させていただきます。

多くのお客様からご好評

コウモリ駆除naviは常にサービスの向上を目指しております。これまでたくさんのお客様からご好評をいただくことができました。日本全国のお客様が快適な生活を送れるよう、これからもコウモリ駆除のサービス向上に努めてまいります。コウモリに関するお悩みはご遠慮なく当社までご相談ください。少しでもお客様の生活を手助けできれば幸いです。

日本全国のコウモリ駆除は 私たちにご相談ください!

簡単3ステップ!作業開始までの流れ

  1. STEP01

    無料ご相談

    24時間365日受付対応のコールセンターまでお気軽にお電話ください。お客様の状況を確認した後、お住まいの近くの加盟店をご紹介します。
  2. STEP02

    無料現地調査・お見積り

    加盟店スタッフが現地にて状況を確認し、無料お見積りを行います。作業日が確定するまでは、いつでもキャンセルしていただけます。※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます
  3. STEP03

    作業開始

    お見積りをご検討いただき納得いただけましたら、作業日を確定します。決定した作業日に、実作業にとりかかります。

無料現地調査では…

現地状況を確認し、無料お見積りをいたします

状況・お見積りをわかりやすく説明します

無料現地調査では、コウモリの発生場所や現場の状況確認と、対策のご提案をいたします。実績豊富なスタッフがお伺いしますので、安心してご利用ください。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます

コウモリ被害には、お電話1本で即日対応!!

24時間365日、日本全国受付対応中!

通話料無料 | 携帯電話・PHSもOK!

電話番号:0120-949-283

無料メール相談

お客様の声

よくあるご質問

コウモリ駆除naviの更新情報

最新コラム

最新情報・レポート

コウモリの生態

コウモリにも色々な種類がいますが、意外にも家に住み着き我々に被害を与えるコウモリは「アブラコウモリ」しかいません。そのため、「イエコウモリ」と呼ばれることもあります。その生態を詳しく見てみましょう。

体の大きさ

体長は約5cmしかなく、体重も約10gの小型動物です。そのため少しの隙間さえあればどこへでも入り込んでしまい、2cm程度の隙間であれば通り抜けられると言われています。

行動

日が暮れると動きが活発になる「夜行性」で、夕方になると一斉に飛び出す姿が目撃されることもあります。朝方になるとねぐらに戻り日中はおとなしくしています。また、寒くなると冬眠しますので、春になるまで姿が見えなくなります。

食性

アブラコウモリは、虫を捕まえて食べています。
その中には蚊や蛾といった害虫も含まれていますので、益獣として見られています。

潜伏場所

市街地を中心に生活し、隙間があればどこにでも住み着きます。屋根裏や換気口といった人家に住み着くこともありますし、歩道橋の下などをねぐらとする場合もあります。


コウモリ駆除の流れ

家の中に住み着くコウモリはアブラコウモリと呼ばれる種類で、人間に直接襲い掛かることはないですが、大量の糞に悩まされたり、ノミ・ダニが蔓延する原因となったりします。そのため、コウモリが家に住み着いた時には駆除する必要があります。コウモリ駆除をする場合、「自分の力で何とかする」「業者に依頼する」といった選択肢がありますが、費用の関係からまずは自分で何とかしたいと考える方は多いでしょう。一般的に行われるコウモリ駆除は下記の方法になります。

コウモリを駆除する前の注意点

コウモリ駆除の主な方法は、「追い出し」と「侵入防止」となります。コウモリは害虫を食べてくれる「益獣」としての側面から法律により保護されています。そのため、コウモリを捕獲したり傷つけたりするような駆除方法は違法行為となる場合もありますので注意が必要です。
上記の点を踏まえると、コウモリを直接つかむ様な方法はおすすめできません。コウモリを傷つける事がありますし、コウモリが持っているウイルスに感染してしまう恐れもあります。

コウモリを追い出す方法

コウモリを追い出す方法コウモリを家から追い出す時には、嫌がらせをしてコウモリを撃退する方法が一般的です。その中でも
・忌避剤の散布
・超音波の使用
・強い光を当てる
・燻煙剤の使用
などの方法が取られることが多いようです。コウモリが苦手とする光や臭いを利用することでコウモリを撃退するのです。また、コウモリは目が悪い代わりに、音波を反射させることで物の配置を把握していますので、その音波を狂わせる方法も有効とされています。
POINT
コウモリの駆除は、根気よく続ける事が大切です。コウモリを追い出すことに成功しても、時間が経過すると家の中に戻ってくるケースは少なくありません。何度も追い出すことで、コウモリに居心地のよくない場所と感じさせ、家に寄り付かなくするのです。

コウモリの侵入を防ぐ

コウモリの侵入を防ぐコウモリを追い出した後には、侵入させないことも大切です。アブラコウモリは体が小さいので、小さな隙間も塞ぐようにしましょう。侵入口を塞ぐことで再発防止になりますし、コウモリの侵入を予防してくれる効果も期待できますので、被害に遭う前に塞いでしまうのも有効です。コウモリがよく侵入する場所は
・屋根裏
・シャッターの裏
・通風孔
・外壁の隙間
などが挙げられます。このような所にできた隙間を放置していると、追い出したコウモリが戻ってきたり、別のコウモリが家に住み着いたりする原因となります。隙間を塞ぐ方法は、コーキング材やパテの使用、コウモリが通れない大きさの網を張るなどがあります。加えて、ふさいだ部分に忌避剤をまいておくことでさらに高い効果が期待できます。

ご自身での対処が難しい場合

ご自身での対処が難しい場合コウモリを撃退する方法を知っていても、必ずうまくいくというわけではありません。コウモリは生き物ですので、状況により最適な方法は変わりますし、コウモリのことを知っていなければうまく効果が発揮されない場合もあります。侵入を予防する方法にいたっては、家の補修技術も必要とされますので、誰にでもできるわけではありません。また、コウモリがどこに隠れているのかわからない、どこから入ってきているかわからないといった状況も予想されます。そのような状況でコウモリ駆除を行っても効果は期待できませんので、コウモリ駆除業者に相談してみるのがおすすめです。



駆除業者が行うコウモリ駆除

駆除業者が行うコウモリ駆除コウモリ駆除を業者に依頼した場合、基本的な方法には違いがなく、「追い出す」「侵入を防止する」という施工が中心となります。しかし、コウモリの生態を知っている人間が駆除を行えば、より高い効果が期待できますし、素人が見落とすようなポイントも見つけてくれるでしょう。さらに、駆除後の消毒作業や、アフターサービスを行っている業者さんも多いので、再発を恐れる必要もなくなります。
費用面から、業者の利用に抵抗がある方も少なくないと思いますが、消毒作業や再発の防止まで考えると、高い金額とは言えない部分もあるでしょう。コウモリのお悩みが解決できない、自分で対処するのは難しいと思った時には一度業者に連絡してみましょう。

コウモリ対策グッズ選びのコツとは?

コウモリ対策グッズ選びで重要なポイントは2つ、
持続効果の高いものなのかどうか、そして継続した際の費用が安いのかどうかです。
もちろん、住居の形や間取りによっても有効なグッズは異なります。
効果的な駆除のための方法をまとめてみましたので参考にしてください。

撃退・予防対策4選!

①忌避剤

効果

ハッカ油を主成分とするジェル忌避剤やスプレー式の撃退スプレーなどがあります。コウモリの嫌がる匂い(臭い)によって長期間にわたる予防効果を発揮します。

用途

メリットは運用コストも低く抑えることが可能な点で、一度散布した場所は数か月間のコウモリが避ける効果を得ることができます。デメリットとしては瞬間的な撃退方法に成りえない点と散布箇所以外の場所からの侵入を防ぐことが難しい点が挙げられます。

使い方
  • ①コウモリが侵入できる隙間を調査する
  • ②手袋やゴーグルなどを着用する
  • ③侵入箇所に薬剤を散布する

※外気との換気を十分に行い、薬品の用法用量を守ってご使用ください。

②超音波・電波

効果

駆除・撃退超音波発生装置によって、コウモリを撃退することが可能です。超音波によって位置を把握するコウモリにとって、電波・衝撃波・磁石・ラジオなどの波が生じる場所は近づきにくい場所となります。

用途

撃退音波機などを使用するメリットとして、予防効果だけでなく撃退効果も期待できる点が挙げられるでしょう。また、使用時の安全性も高く、コウモリに襲われるリスクを減らすことも可能です。デメリットは、運用コストが忌避剤に比べて高くなる点と、コウモリが波長に慣れてしまう点になります。

使い方
  • ①波長をコウモリの可聴域に設定する
  • ②波長発生面を出入り口に向けて配置をする

※遮蔽物がある場合、波長が弱くなってしまうので、出来る限り直接当てるように設置をすると効果が発揮されやすくなります。

③ライト・レーザー

効果

コウモリなどの夜行性の動物は光に敏感で、ストロボライトやレーザーポインターなどの光を照射することによって、泡を食って逃げ出すことがあります。

用途

光のメリットは何といっても安全性になります。撃退時に遠距離から照射するだけでなく、常用的に使用する際にも副作用を考えなくても良い点は大きな魅力と言えます。のデメリットは再発のリスクが高い方法になりますので、常に使用し続ける必要がある点になるでしょう。そのため、運用コストが高くなりがちですので、忌避剤などの方法との併用が望ましいです。

注意点

赤外線センサーを利用したセンサーライトの場合、コウモリの温度がセンサーの感知温度に満たないことがあります。使用の際には十分に注意をしてください。

④煙剤

効果

強力噴射によって、煙状の忌避剤が住居の隅々にまで撃退効果を及ぼします。そのため、手の届き辛い屋根裏の退治まで行うことができます。また、ねずみ除け、虫除け効果にも期待できます。

用途

煙剤は侵入箇所が分からない時にもコウモリを住居から追い出せるメリットがあります。蚊取り線香などの殺虫剤成分を含んだ煙などでも追い出しは可能ですが、忌避効果のあるハッカ臭を含んだ煙剤の方が効果は高くなります。デメリットは持続性が低い点になり、長期的な対策効果にはあまり期待できないでしょう。

注意点

使用時には袋やケースなどに衣服や食品を収納しておくようにしましょう。また、使用後には十分に換気を行い、屋根裏に入れる場合は掃除機などで軽く屋根裏掃除を行いましょう。

コウモリ駆除依頼の多いエリア

日本全国受付対応中!

ページトップへ